歯科治療の保険診療と自由診療の違いを分かりやすく解説するサイト

>

基本の治療はおまかせ!保険診療の特徴とは?

保険診療が適用されるのはどんな時?

歯科治療に限らず、保険適用外の治療を受けた経験のある人は、そう多くはないのではないでしょうか。
基本的な治療は、健康保険が適用される保険診療になります。
歯科治療における保険診療は、歯の機能を取り戻すことを目的としています。その目的から逸脱しない治療であれば、保険診療の範囲となるのです。

ちなみに、保険診療と自由診療を組み合わせての治療である「混合診療」は原則できないという決まりがあります。
しかし、歯科治療においては違います。歯科治療においては特例として、保険診療と自由診療を組み合わせての治療を行うことができるのです。
混合診療が認められているのは、差し歯などの金合金や入れ歯に関してです。内容によってはかかりつけ医に相談し、かしこく治療を受けましょう。

保険診療でできるのはこんな治療!

保険診療では、具体的にどのような内容の治療が受けられるのでしょうか。

例えば、虫歯になった場合。
虫歯の場合は、虫歯になっている部分を削り、削った部分を歯の代わりとなる材料で充てんします。
保険診療で治療をする場合、この充てんされる材料に制限が出てきます。比較的安価であるセメントやレジン、また、いわゆる「銀歯」と呼ばれる銀合金などがよく使われます。特に銀歯では、材料で充てんした場所がまた虫歯になったり、金属アレルギーを誘発したりとややリスクが高いことがデメリットです。
また、例えば歯が無くなった場合も、保険診療で治療することができます。
ただし、この場合も同様に、保険診療では差し歯の材料に制限が出てきます。ただし、日常生活に支障が出ないレベルで治療してもらえますし、支払う医療費も安価で済むのが最大のメリットですね。


この記事をシェアする