歯科治療の保険診療と自由診療の違いを分かりやすく解説するサイト

>

歯を大切に!歯科治療の重要性とは

どう違う?保険診療と自由診療

保険診療とは一体どのようなことを指すのでしょうか。
保険診療とは、文字通り保険が適用になる診療のこと。
この場合の保険とは、健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度という「公的医療保険」のことです。
一般的に、私たちが怪我や病気で病院を受診する際にはこの保険診療が適用されます。保険診療では、私たちが支払う医療費は全体の3割です。

自由診療は、簡単に言えば健康保険が適用されない診療のこと。
一番の違いは、医療費が全額自己負担になるという点でしょう。
保険適用外の治療というと、美容整形を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。自由診療は美容整形だけでなく、一部のがんの治療や、歯科治療においても行われます。

歯科治療における治療内容の違いは?

歯科治療においては、治療の内容によって保険診療と自由診療を選ぶことができます。
基本的な歯の治療は、全て保険治療で行うことができます。例えば、虫歯になった歯の治療、歯周病の検査と治療、欠けたり抜けたりした歯の補填などです。
痛みや不便さを無くし、歯としての機能を十分に回復するための治療はすべて保険診療で行うことができます。

それとは反対に、自由診療においては歯としての機能を回復する以上の治療をすることができます。
代表的な自由診療の歯科治療と言えば、歯の矯正ではないでしょうか。歯の矯正は高額な費用がかかることで有名ですが、それは自由診療で医療費が全額負担だからです。
その他にも、歯の見た目の美しさを高めるための治療なども、自由診療になります。


この記事をシェアする