歯科治療の保険診療と自由診療の違いについて

歯科治療の保険診療と自由診療の違いを分かりやすく解説するサイト

どう違う?保険診療と自由診療

健康な歯に欠かせないのが日々のメンテナンスです。
時には治療が必要なこともありますが、傷みが出るまで歯科を受診しない方も多いのではないでしょうか。
これによって症状が悪化し、最悪抜歯となってしまうケースもあります。

そもそも、健康な成人には全部で何本の永久歯が生えているのでしょうか。
答えは28本。
この質問に、迷うことなく答えられる人は少ないのではないでしょうか。我々の歯というのは、それほどまでに普段は意識されることのないパーツなのです。
しかし、そんな歯は私たちの健康を保つ上でとても重要です。その理由は、生きるための基本である「食事」に必要不可欠だから。それでも多くの人が、普段の生活では歯をないがしろにしているのが現状です。

前述した「8020運動」で残すべきとされている指標の20本とは、食べ物を咀嚼するのに問題がないレベルの本数ということ。
単に食べることの楽しみを失わないためだけでなく、自分の歯で食べ物を咀嚼することには健康に繋がる様々な効果があります。
例えば、現在では歯が全くなくても栄養を摂取できる流動食などがありますが、歯で咀嚼して食べるよりも栄養に偏りが出てしまいます。
また、噛むことで脳が刺激され、認知症の予防に繋がるというデータもあります。

健康な歯は、毎日のお手入れと定期的な歯医者への受診で得られます。
このサイトでは、歯科における保険診療と自由診療についてまとめています。歯を健康に
保つためのヒントを見つけてみてください。

歯を大切に!歯科治療の重要性とは

歯科治療においてのみならず、全ての診療科において「保険診療」と「自由診療」があります。 そもそも、保険診療と自由診療の違いとは何なのでしょうか?受けられる治療の内容にはどのような違いがあるのでしょうか? それぞれの特徴や治療内容についてまとめました。

基本の治療はおまかせ!保険診療の特徴とは?

初診で初めて行く病院ではもちろん、かかりつけの病院でも毎月受付で必ず提出するものがあります。 それは保険証。 この保険証を提示することで、保険診療が受けられるのです。 ここでは歯科において保険診療が適応になる場合の条件と、治療の内容をまとめました。

より美しく丈夫な歯に!自由診療の特徴とは?

一般的な虫歯や歯周病の治療であれば、保険診療を受ける人がほとんどの歯科。 しかし、見た目の美しさや、人工の歯の耐久性をもっと追求したいという場合には自由診療で治療します。 歯科における自由診療がどこまで治療の選択肢を増やせるのかを見ていきましょう。